ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛国体第3日

剣道、なぎなた、ボウリング優勝ラッシュ

2017年10月2日(月)(愛媛新聞)

剣道少年女子で優勝した愛媛代表のメンバーら=県武道館

剣道少年女子で優勝した愛媛代表のメンバーら=県武道館

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第3日は2日、愛媛県松山市市坪西町の県武道館などで19競技が行われ、愛媛勢は優勝ラッシュに沸いた。剣道の少年男女がアベックで初の栄冠を獲得。なぎなたは少年女子が試合で22年ぶり2度目の頂点に立ち、演技との2冠を達成、成年女子は演技で初の日本一に輝いた。ボウリング少年個人の男子は高橋晃大(新田高)が初制覇、女子は泉宗心音(聖カタリナ学園高)が3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 愛媛勢の優勝の数は12となり、愛媛の天皇杯(男女総合)成績は763・5点で3位、皇后杯(女子総合)成績は561点で2位に浮上した。

 入賞も相次ぎ、ボウリング少年女子個人で越智真南(今治南高)が準優勝し、ライフル射撃の少年女子ビームライフル立射20発で椎原栞奈(伊予農高)が3位。カヌー・スプリント(500㍍)はカヤックシングルで成年男子の小松正治と成年女子の多田羅英花(ともに県競技力向上対策本部)が4位に入り、少年男子カヤックフォアは6位。バスケットボールの成年男子と少年女子、ホッケー少年女子は5位だった。

 ソフトボールの成年男女と少年男子、サッカー成年男子は準々決勝を突破しベスト4入りを決め、サッカーの女子と少年男子、テニス成年男女がそれぞれ8強入りした。

 アーチェリー団体の全4種別、ラグビー成年男子が決勝トーナメントに進出。山岳の成年男子リードと、自転車のポイントレースで少年男子の日野泰静(松山城南高)と成年男子の野本空(明大)、少年男子スクラッチで塩崎隼秀(松山城南高)がそれぞれ決勝に駒を進めた。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。