ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

苦しい展開で声援力に

バスケット 大激戦、成年男子8強

2017年10月2日(月)(愛媛新聞)

【成年男子1回戦 愛媛―新潟】延長戦で向井が逆転ゴールを決め65-64とする=ツインドーム重信

【成年男子1回戦 愛媛―新潟】延長戦で向井が逆転ゴールを決め65-64とする=ツインドーム重信

 バスケットボール成年男子の愛媛は初戦の新潟と延長に突入する大激戦を繰り広げた。苦しい展開を打開しようと懸命にプレーする選手を、詰めかけた観客が熱烈に応援した。

 序盤は順調に得点を重ねた愛媛だったが、第2クオーターに試練が訪れた。シュートがなかなか入らず、21―29とリードを許した。

 それでもチームは下を向かなかった。リバウンドに奮闘した重本は「悪い雰囲気をどう打開するかはこれまでの課題だったが、ディフェンスで流れをつくれた」と振り返る。第3クオーターで逆転。第4クオーターで再逆転されるも、残り2秒で重本が同点ゴールをねじ込んだ。

 延長も一進一退の攻防を繰り広げる愛媛を観客の大声援が後押しした。「試合前は(応援で)緊張したが、始まると力になった。特に終盤」と逆転の決勝ゴールを決めた向井。岩田監督も「背中を押してもらった」と感謝した。

 優勝を見据え、まずベスト8に進出した愛媛。強豪・福岡との準々決勝では、Bリーグ2部の愛媛オレンジバイキングスの試合のため1回戦を欠場した俊野達彦・佳彦兄弟が加わる予定だ。向井は「2人が戻って確実に強くなる。チャレンジャー精神で勝ちにいく」と次戦を見据えた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。