ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
720日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

縮まらぬ点差に焦り

バスケット 少年男子、無念

2017年10月2日(月)(愛媛新聞)

【少年男子1回戦 愛媛―山口】第3クオーター、愛媛・平(11)がシュートを決め、34―47とする=鬼北総合公園体育館

【少年男子1回戦 愛媛―山口】第3クオーター、愛媛・平(11)がシュートを決め、34―47とする=鬼北総合公園体育館

 地元開催の重圧か硬さが目立った愛媛。オープンサイドの守りを崩され、相手にいい形でシュートを重ねられた。第2クオーター終了時に14点差。チーム最多の24得点を挙げた平は「前半は自分たちのプレーができなかった」と振り返る。

 リズムが出てきた後半は、一時6点差に追い上げた。青木は「リバウンドを取れてきた」と手応えを感じていたが、縮まらぬ点差への焦りからファウルを取られ、再び差は開いていった。

 チームはターゲットエージとして中学時代から強化を図ってきた。キャプテン岡本は「まとめにくい部分もあったが、切磋琢磨(せっさたくま)してよくやってくれた」と仲間に感謝していた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。