ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

総合開会式 盛大に晴れやかに

「表情から情熱伝わった」 プログラム監修 牛山真貴子愛媛大教授

2017年10月1日(日)(愛媛新聞)

牛山真貴子愛媛大教授

牛山真貴子愛媛大教授

 坊っちゃん、瀬戸内海、だんじり―。愛媛の魅力を盛り込んだ県民参加創作プログラムの監修・演技指導に当たった愛媛大社会共創学部の牛山真貴子教授(ダンス)は「プログラムの世界観を伝えたいという情熱が、生き生きとした表情から感じ取れた」と出演者をねぎらった。

 小学生から大人まで約2千人が出演した25分間は「一つのテーマに沿って流れができており、短く感じた」。28日の全国障害者スポーツ大会開会式でも構成などを変えて披露する予定で「油断せず、もう一回まとめ上げてほしい」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。