ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

観衆一体 歓迎一色

総合開会式 1万3000人 拍手で盛り上げ

2017年10月1日(日)(愛媛新聞)

愛媛国体の総合開会式でタオルを回して一緒に楽しむ観客=30日午後1時半ごろ、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

愛媛国体の総合開会式でタオルを回して一緒に楽しむ観客=30日午後1時半ごろ、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

総合開会式前にリラックスした表情でサウンドチェックに臨む別宮優那さん=30日午前、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

総合開会式前にリラックスした表情でサウンドチェックに臨む別宮優那さん=30日午前、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

愛媛国体の総合開会式でタオルを回して一緒に楽しむ観客=30日午後1時半ごろ、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

愛媛国体の総合開会式でタオルを回して一緒に楽しむ観客=30日午後1時半ごろ、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

総合開会式前にリラックスした表情でサウンドチェックに臨む別宮優那さん=30日午前、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

総合開会式前にリラックスした表情でサウンドチェックに臨む別宮優那さん=30日午前、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 愛媛単独での開催は初めてとなる愛媛国体。30日に県総合運動公園ニンジニアスタジアム(松山市上野町)で催された総合開会式には観覧者約1万3千人が訪れ、スタンドから割れんばかりの拍手や声援で各都道府県の選手団計約4100人を出迎えた。

 

 選手団が入場を始めると、松山市などの小中学生約2千人が各都道府県の横断幕を掲げながら「頑張れ」と激励。スティックバルーンやオレンジ色の今治タオルを手に会場を盛り上げた。荏原小5年の女子児童(10)は「選手にエールを送れてよかった」とにっこり。久米中3年男子生徒(14)は「国体に参加できて楽しかったし、いい経験になった」と語った。

 宇和島市から番城小の友人らと訪れた6年女子児童(12)は「選手たちにはベストを尽くしてほしい」と声を弾ませ、6年女子児童(11)は「愛媛県の選手は天皇杯・皇后杯を取れるように頑張ってほしい」と期待を込めた。

 新居浜市出身の歌手・声優水樹奈々さんのファン仲間と訪れた会社員松本孝亮さん(26)=愛知県豊田市=は「開会式に関わっている人が多くて正直びっくりした。都会にない温かい会場の雰囲気がよかった。閉会式も参加したい」と満足げな表情。国体会場に初めて足を運んだ高木貞美さん(68)=西条市小松町妙口=は「(愛媛で)24年ぶりに天皇、皇后両陛下の元気なお姿を見られてよかった。西条市で行われる競技は見にいきたい」と話した。

 

【仲間と一丸 美声響かせ 合唱隊 西条高の別宮さん】

 愛媛国体総合開会式の合唱隊に参加した西条高3年の別宮優那さん(17)は、9月に引退した同校合唱部の仲間と再び舞台に立つ喜びを歌に乗せ、美声を響かせた。

 中学校では吹奏楽に打ち込んだ。高校では「新たなチャレンジをしたい」と合唱部に入部。部長も務め県内コンクールでは上位の常連となり、引退後は「魂が抜けた」と周囲に心配されるほど濃密な2年半を過ごした。

 64年ぶりの地元国体に向けて、高校1年から式典音楽の試演や音源CDの録音などに参加。「次(の国体)はおばあちゃんになってるかも。せっかくだから」と合唱隊への参加を決めた。

 合唱隊は、県内高校の合唱部でつくる「えひめハイスクールクワイア」を中心とした約170人。「えがおは君のためにある」や西条祭りの伊勢音頭などを盛り込んだ「愛媛の祭歌メドレー」を歌い上げた。

 別宮さんは卒業後、大阪で動物の看護師を目指して勉強に励む。国体と障害者スポーツ大会の開・閉会式で合唱はひとまず休憩。「ずっと準備してきた人のことを思うと感謝と感動で泣きそうだったが、楽しんで歌えた」と仲間と笑い合った。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。