ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
721日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

おもてなし 愛媛の味

「みかんジュース蛇口」へ行列 県総合運動公園「みきゃん広場」

2017年10月1日(日)(愛媛新聞)

河内晩かんのジュースを試飲する県外選手ら=30日午前、松山市上野町

河内晩かんのジュースを試飲する県外選手ら=30日午前、松山市上野町

 愛媛国体に出場する全国の選手に食や伝統工芸品などを通して愛媛の魅力を知ってもらおうと、総合開会式が開かれた松山市上野町の県総合運動公園の多目的広場に30日、「みきゃん広場」が開設された。県内全20市町や県内外の企業などが出店した約220ブースが並び、多くの選手らでにぎわった。5日を除く10日まで設けられる。

 各市町で取れた旬の農産物や、お菓子、砥部焼などがずらり。蛇口から出るみかんジュースや揚げたてのじゃこ天などのブースには行列ができ、県内外の選手らが愛媛ならではの味を堪能していた。古三津虎舞保存会(松山市)による勇ましいパフォーマンスもあり、会場を盛り上げた。

 1日から始まるなぎなたに出場する山梨県の高校2年佐久間葉子さん(17)は河内晩かんのジュースを試飲し「グレープフルーツとミカンの中間みたいな味でおいしい。本番では決勝に進めるよう頑張りたい」と意気込んでいた。

 みきゃん広場は、全国障害者スポーツ大会期間中の28~30日にも開設される。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。