ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
716日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

伊予路、歓迎の秋

両陛下来県 視察先に県民多数

2017年9月30日(土)(愛媛新聞)

県美術館を訪問された天皇、皇后両陛下を歓迎する県民=29日午後2時半ごろ、松山市堀之内

県美術館を訪問された天皇、皇后両陛下を歓迎する県民=29日午後2時半ごろ、松山市堀之内

県美術館で集まった県民に手を振られる天皇、皇后両陛下=29日午後2時35分ごろ、松山市堀之内

県美術館で集まった県民に手を振られる天皇、皇后両陛下=29日午後2時35分ごろ、松山市堀之内

県美術館を訪問された天皇、皇后両陛下を歓迎する県民=29日午後2時半ごろ、松山市堀之内

県美術館を訪問された天皇、皇后両陛下を歓迎する県民=29日午後2時半ごろ、松山市堀之内

県美術館で集まった県民に手を振られる天皇、皇后両陛下=29日午後2時35分ごろ、松山市堀之内

県美術館で集まった県民に手を振られる天皇、皇后両陛下=29日午後2時35分ごろ、松山市堀之内

 愛媛国体の開催に合わせて24年ぶりに来県された天皇、皇后両陛下。滞在初日の29日は松山市内の各所で姿を一目見ようと大勢の県民が日の丸の旗を手に詰めかけ、秋の伊予路は歓迎ムードに沸いた。

 松山空港で午前8時から待っていたという同市久米窪田町の会社員篠崎隆一さん(25)は「この日を待ち望んでいたので感動した」と興奮した様子。家族や友人と駆けつけた同市西垣生町の会社員白谷久美子さん(52)も「何度も手を振ってもらえた」と喜んだ。

 視察先の県美術館(松山市堀之内)前にも到着数時間前から人だかりができ、同市平井町の保育士越智由紀さん(55)は「24年前を思い出して涙が出た。両陛下ともお年を召されていて時代の流れを感じるが、お変わりなく元気をもらえた」と感激していた。

 両陛下は県美術館で国際的に活躍する書家の紫舟さんの作品などを鑑賞。直接解説した紫舟さんは「驚きと関心を示していただいた。書を制約から解放することに取り組んできたが、諦めずにやってきて良かった」。普段使う柔らかい羊毛の筆を見せると、両陛下は熱心に手触りを確認し「難しいでしょう」と話されたという。紫舟さんは「筆の特徴を過去の経験からご存じだったと思う。非常に日本文化に精通されている」と振り返った。

 宿泊場所の松山全日空ホテル(同市一番町3丁目)の前でも多くの県民が出迎え、両陛下の姿を最後まで見送っていた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。