ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

週刊!えひめ国体・障スポ大会

競技の見方<陸上>

2017年9月28日(木)(愛媛新聞)

小型無人機から撮影した、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

小型無人機から撮影した、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

投てき種目に使われる(左から)砲丸、円盤、ハンマー

投てき種目に使われる(左から)砲丸、円盤、ハンマー

小型無人機から撮影した、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

小型無人機から撮影した、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

投てき種目に使われる(左から)砲丸、円盤、ハンマー

投てき種目に使われる(左から)砲丸、円盤、ハンマー

【スタートは一発勝負 トラック競技】

 【トラック競技】1周400メートルのトラックを走る。短距離、中長距離、ハードル、競歩、リレーなどがある。

 100メートルから400メートルまではクラウチングスタートが義務付けられ、決められたレーンを走る。直線を使う100メートルは横一直線、400メートルなどは選手が平等に同じ距離を走るよう階段式でスタートする。800メートル以上は途中でオープンレーンとなる。

 スタート時の選手への合図は英語で「オン・ユア・マークス(位置について)」「セット(用意)」。号砲の前に手や足が地面から離れると不正スタートとして1回で失格となる。100メートル、走り幅跳びなどは、追い風が秒速2メートルを超えると参考記録となる。選手の順位に影響はないが、記録は公認されない。

 

【跳躍 試技少ない方上位 フィールド競技】

 【フィールド競技】陸上競技場内のフィールドで行い、跳躍と投てきに分かれる。

 走り高跳び、棒高跳びの高さを競う競技は3回試技ができ、成功すれば次の高さに挑戦できる。3回失敗すると競技終了。複数の選手が同じ記録で終えた場合は、最後の高さをより少ない試技数で成功した選手の順位が上になる。

 走り幅跳び、三段跳びは助走を付けて跳んだ距離を競い、砲丸投げはあごか首に砲丸をつけてサークルの中から突き出して投げる。円盤投げやハンマー投げは、遠心力を利用して遠くへ投げる。やり投げは投てきで唯一、助走を付けて投げる。どれもまず3回の試技を行い、上位8人が残り3回の試技に挑み記録を競う。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。