ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

国体客お出迎え

みきゃん広場にデザイン花壇完成

2017年9月26日(火)(愛媛新聞)

伊予農業高校生が完成させた「みきゃん」の飾り花=26日午前、松山市上野町

伊予農業高校生が完成させた「みきゃん」の飾り花=26日午前、松山市上野町

 愛媛国体と全国障害者スポーツ大会の開閉会式会場となる松山市上野町の県総合運動公園に26日、県イメージアップキャラクター「みきゃん」をデザインした飾り花が設置された。伊予農業高校の生徒26人が花を並べて絵柄を完成。全国の選手団や来場者を美しい花で出迎える。

 飲食ブースなどが並ぶおもてなし広場「みきゃん広場」に登場したのは、横5.4メートル、高さ2.5メートルの飾り花。オレンジや白のビオラ、緑のパセリなど計2400株を入れたトレーを木枠にはめこみ、みきゃんが炬火(きょか)を持っているデザインを作り上げた。

 栽培したのは園芸流通科の1~3年生計約120人。6月末に種を植え、暑さで苗が痛まないよう夏休み中も管理を続けた。全国障害者スポーツ大会用も合わせて7000株以上を育てたという。国体本番には花が満開になる見込みだ。

 3年の男子生徒(17)は「だんだんみきゃんができあがっていき、うれしかった。全国の人に見てもらいたい」と開催を心待ちにしていた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。