ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

日本体協

中矢・伊藤選手宣誓へ、競技参加人数など発表

2017年9月21日(木)(愛媛新聞)

中矢力

中矢力

伊藤愛里

伊藤愛里

中矢力

中矢力

伊藤愛里

伊藤愛里

 日本体育協会は20日、愛媛国体の正式・特別競技の参加人数などを発表した。会期前実施を含めた38競技に選手1万9059人、監督2747人、本部役員・顧問1185人の計2万2991人が参加する。

 30日に松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアムで行う総合開会式で、愛媛県選手団を代表してロンドン五輪柔道男子73キロ級銀メダリストの中矢力選手(28)=ALSOK、新田高出=と、2014年長崎国体と15年和歌山国体の陸上成年女子100メートル障害で2連覇した伊藤愛里選手(28)=住友電工、済美高出=が選手宣誓する。

 日本体協によると、成年選手が出身中学や高校のある都道府県から出場する「ふるさと選手制度」を活用するのは2859人。愛媛は男子59人、女子42人の計101人がふるさと選手として参加する。

 リオデジャネイロ五輪出場選手も多数エントリー。陸上では男子400メートルリレー銀メダリストで、9日の日本学生対校選手権男子100メートルで日本人初の9秒台を出した桐生祥秀選手らが名を連ねる。

 愛媛国体は9月30日~10月10日の11日間、陸上など正式競技35競技と特別競技の高校野球を実施する。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。