ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新田高

池江選手日本新に大感激 

2017年9月16日(土)(その他)

 

 

 

 

 松山市のアクアパレットまつやま特設プールで開催された「えひめ国体」の競泳。台風18号の影響で会期が3日から2日間に短縮された最終日の16日、新田高校の高校生記者3人が雨中のなかで精力的に取材。新田高の同級生選手や日本新をマークした女子スイマーの活躍を発信しました。

 取材前、新聞記事とスマートフォンなどを使ったライブリポートの2グループに班分け。いざ、戦いのプールに向かいました。

 この日、愛媛勢は入賞者が続出しました。なかでも同校1年の秀野由光選手が少年女子B100メートル背泳ぎで3位に入り、新聞班は表彰式の様子を写真撮影する一方、ライブリポート班は秀野選手のレース後の表情をタブレットで送信しました。また、少年女子A50メートル自由形の決勝で海外のレースでも活躍する池江璃花子選手(東京)が日本新記録をマークして一着ゴール。ライブリポート班は氏名やタイムなどを表示した電光掲示板を撮影して発信しました。

 新聞班は厳しい取材になりました。いろいろな規制が敷かれて選手と接触ができず、予定していた選手の取材は空振り。方針を転換して裏方として大会を支える競技補助員の高校生や会場案内の担当者にインタビューし、印象的だったことなどを聞き出しました。インタビュー記事は今後、紙面で紹介します。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。