ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
426日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

決めた速攻、危なげなく

公開競技 綱引き 愛媛B(少年男子)栄冠 

2017年9月12日(火)(愛媛新聞)

 

 3チームがエントリーした少年男子は西条市の高校生で編成する愛媛Bが、地元国体で悲願の優勝を果たした。予選から無敗のまま臨んだ決勝でも危なげない綱引きを展開し、頭一つ抜けた実力を見せつけた。

 チームの特長は引く力の強さを生かした速攻。試合開始と同時に一気に引き寄せ、そのまま決めきるスタイルで、昨年の岩手国体覇者の香川や愛媛Aを寄せ付けなかった。優勝を決めた選手らは「低くて速い綱引きをしようと勝ち方にもこだわった」と胸を張った。

 小学生から西条市玉津地区で綱引きをしていたメンバーが、高校生になって再結成。かつては全国大会にも出場するなど実戦経験は豊富だ。9日は成年男女混合で優勝した福井チームの胸を借りて練習試合を行い、本番に備えた。

 当時から指導する高橋義助監督は「エントリー数が少ないことは事前に分かっていたのに、一生懸命練習してくれた」と目を細めた。越智海人(松山東高)は「大きな声援に圧倒されて緊張したが、小学校の仲間がもう一度集まって綱引きができたことが良かった」と白い歯を見せた。

 

◆意地は見せられた◆

【綱引き少年男子 藤田竜登=愛媛A(地元の土居高から出場し準優勝)】「負けた悔しさはあるが、地元の意地は見せられたと思う。多くの友達が見に来てくれて、大きな声援が力になった。練習はしんどかったが、楽しかった」

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。