愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2017年9月
体裁
B5判 392ページ コデックス製本
ISBN
978-4-86087-133-8

在庫あり

朱欒

座朱欒プロジェクト実行委員会(編著)

価格: 5,000+税

いま甦る 大正の「青春」

強い絆で結ばれた松山出身の若者が大正末期につくった同人誌『朱欒』9冊の翻刻出版。それは、松山の文化土壌を掘り起こし、大正という時代の精神を現代に甦らせる。

後年、映画監督として名を成す伊丹万作、人間探求派の俳人・中村草田男、洋画家・重松鶴之助――松山出身の名立たる面々が、まだ理想と現実の狭間でもがき苦しむ若者であった頃、仲間とともに始めた同人誌『朱欒』(しゅらん)。原稿用紙に万年筆で手書きされた小説や一編の詩、俳句、工夫を凝らした表紙やイラスト、そして製本まですべて手作りの全9冊を、回覧し批評しあった。そこには“表現”を模索する姿が生き生きと記録されている。約90年の眠りから覚め、出版化という形で甦った本書『朱欒』が、当時の熱き叫びをそのままに伝える。

 

座朱欒プロジェクト オフィシャルHP

https://www.za-chelin.jp/ 

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2017年9月
体裁
B5判 392ページ コデックス製本
ISBN
978-4-86087-133-8

注文する