ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1122日()

ログイン
Myページ
MENU

円めがけ秋空を舞う

9日・内子でデモスポ・パラグライディング

2017年9月10日(日)(愛媛新聞)

小田川河川敷に降り立つパラグライディングの参加者=内子町平岡

小田川河川敷に降り立つパラグライディングの参加者=内子町平岡

 愛媛国体デモンストレーションスポーツのパラグライディングが9日、内子町五十崎の神南山北離陸場から小田川緑地公園までのコースであり、県内外から来た10~70代の男女44人が秋空を舞った。

 神南山を飛び立ち、標高差約480メートルの小田川河川敷に降り立つコース。河川敷には目標を示す直径約20メートルの円が描かれており、いかに円の中心近くに着陸できるかを競った。

 青空の下、参加者は次々とフライト。上昇気流に苦戦する参加者もいたが、円の中心にある直径約2センチのボタンを踏むピンポイントの着地をした参加者もおり盛り上がった。

 松山市の #宮内亜希子 さん(46)は「久しぶりに飛べて楽しかった」と笑顔。兵庫県丹波市から参加した大会最年少の下野悠敬さん(16)は「見晴らしがよく、空がきれいだった。将来は世界の大会に出たいですね」と話した。

 

 上位入賞者は次の通り。

 ①梅迫賢一(兵庫)②小川勝良(長崎)③下野悠敬(兵庫)④伊藤まり子(愛知)⑤浅田寛之(兵庫)⑥ #梶川定利 (松山市)

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。