ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1122日()

ログイン
Myページ
MENU

16・17日

「家族」テーマの音楽フェス、今治「ハズミズム」

2017年9月5日(火)(愛媛新聞)

 

 子どもと一緒に楽しめる、「家族」がテーマの音楽フェスティバル「ハズミズム」が16、17の両日、今治市山路の市民の森・野外ステージで開かれる。

 実行委員会(豊島吾一代表)が2013年から毎年開いており、今年初めて2日間実施する。16日は午後3~8時、17日は午前10時~午後6時。

 ロックバンド「ASIAN KUNG―FU GENERATION」のボーカル後藤正文のソロ名義Gotch=写真右=や、bonobos、トクマルシューゴ、鎮座DOPENESS、中山うり、WAIWAI STEEL BAND、島津田四郎&The 318‘S、ギターパンダ(O.A)が出演し、熱いステージを繰り広げる。

 ライブに加え、境みなとによる似顔絵、漂着物を使ったアクセサリー作りなどのワークショップ、県内外の飲食店の出店もある。おむつ替え、授乳スペースも設けている。

 チケットは1日目3300円、2日目4300円、2日通し券は6500円で、当日は各500円増。中学生以下は保護者同伴に限り無料。高校生割引もある。問い合わせはメールhazmisminfo@gmail.comへ。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。