ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

老いも若きもステップ

国体デモスポ、四国中央でエアロビック開催

2017年9月4日(月)(愛媛新聞)

リーダーの合図に合わせて体を動かす参加者=四国中央市の伊予三島運動公園体育館

リーダーの合図に合わせて体を動かす参加者=四国中央市の伊予三島運動公園体育館

 愛媛国体デモンストレーションスポーツのエアロビックが3日、四国中央市中之庄町の伊予三島運動公園体育館であり、幼児から高齢者まで約400人が軽快なリズムに合わせて汗を流した。

 エアロビックはリーダーの合図に従い、音楽に乗って体を動かす有酸素運動。競技は、難度や表現力、エネルギー感などの観点で審査される。

 計2時間の「エアロラリー」予選には約70人が参加。リーダーの「ワンツー、ワンツー」などの合図に合わせ、参加者は精いっぱい体を動かしていた。

 ほかに小学生が競う「フライト選手権」や通常よりもテンポを落とした「スローエアロビック」などもあり、大勢の人が笑顔で楽しんでいた。

 エアロラリー決勝に進み男性部門を制した林広志さん(49)=松山市味酒1丁目=は「自信がついた。エアロビックは生活の一部。今後も大会に出てみたい」と汗をぬぐった。フライト選手権小学4年生以下の部で優勝した三島小3年の石川真央さん(8)は「笑顔で肩が上がらないよう気を付けた」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。