ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

各地で炬火イベント

市内20地区から採火 四国中央

2017年8月28日(月)(愛媛新聞)

各地区の火を手に集火式に臨む、国体協力会のメンバーら

各地区の火を手に集火式に臨む、国体協力会のメンバーら

 愛媛国体の四国中央市実行委員会は26日夜、国体開会式でともす炬火(きょか)集火式を同市妻鳥町のイオン川之江店駐車場で開き、市内20地区で採火した火を集めた同市の火「紙の町 未来へつなぐ希望の火」が完成した。

 市は20公民館を拠点とする国体協力会を設けており、住民らが採火。名称公募には205人から応募があり、三島高校3年の青木ちひろさんの作品が最優秀に選ばれた。

 実行委会長の篠原実市長は「9月3日のエアロビック(デモンストレーションスポーツ)を皮切りに、いよいよ国体が始まる。市民の支援と協力で、感動を与える素晴らしい大会にしたい」と呼び掛けた。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。