ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1122日()

ログイン
Myページ
MENU

「この大会が大好き」

連覇の開成、高め合う楽しさ語る

2017年8月21日(月)(愛媛新聞)

幸田(愛知)との決勝戦で熱っぽく語る開成(東京)の選手=20日午後、松山市の市総合コミュニティセンター

幸田(愛知)との決勝戦で熱っぽく語る開成(東京)の選手=20日午後、松山市の市総合コミュニティセンター

 第20回俳句甲子園全国大会は開成(東京)が2連覇を達成。山下真主将は「明日からも俳句をやりたいと思えるこの大会が大好き。いつまでも高校生が俳句を語り合い続けてほしい」と大会の魅力を語った。

 今年の開成は昨年大会で優勝したAチームと、3位のBチームに参加した3年生で結成した。優勝までに全7校と対戦、うち愛媛勢が4校を数えた。窮地に陥る場面もあったが、ディベートでの的確な指摘と対応力で乗り越えてきた。

 中でも、最優秀句に輝いた岩田奎さんは昨年Bチームで味わった悔しさをぶつけ、熱のこもった論陣を張ってチームをけん引した。「俳句には17音の中にいろんな余地があり、人によって見方も違う。良い句を作る同世代と活発に意見を交わし、お互いに高め合うことがこの大会の醍醐味(だいごみ)。本当に楽しかった」と感想を述べた。

読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。