ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
927日()

ログイン
Myページ
MENU

俳句甲子園 予選リーグ

全力で論戦 充実感 開成に敗れた県勢3校

2017年8月20日(日)(愛媛新聞)

接戦を演じ、開成の選手と握手する松山東のメンバー(左)=19日午後、松山市の大街道商店街

接戦を演じ、開成の選手と握手する松山東のメンバー(左)=19日午後、松山市の大街道商店街

 

接戦を演じ、開成の選手と握手する松山東のメンバー(左)=19日午後、松山市の大街道商店街

接戦を演じ、開成の選手と握手する松山東のメンバー(左)=19日午後、松山市の大街道商店街

 

 にぎやかだった会場が静まり、判定の瞬間を待つ。俳句甲子園全国大会の決勝リーグ進出を懸けた19日の予選最終戦。前大会の覇者、開成(東京)と松山東の一戦はシーソーゲームの接戦となった。2対2で迎えた大将戦。「白4、赤1。開成の勝利です」。アナウンスの声に、うつむいていた開成の生徒が抱き合って喜びを分かち合う。松山東の生徒は全力を出し切った充実感を漂わせた。

読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。