ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
824日()

ログイン
Myページ
MENU

港町を彩る 大輪4500発

八幡浜みなと花火大会 15日

2017年8月13日(日)(愛媛新聞)

 

 約4500発の花火が港町の夜空を彩る「第47回八幡浜みなと花火大会」(八幡浜市観光物産協会主催)が15日午後8時から八幡浜市沖新田の八幡浜港内で開かれる。

 花火は4部構成で約1時間。開花直径が420メートルになる15号玉で開演し、ダブルスターマインや富士型ナイアガラなど見どころが満載。愛媛国体・全国障害者スポーツ大会の開催記念として県イメージアップキャラクターの「みきゃん」型花火も打ち上げる。フィナーレは豪快で華麗な特大金色柳スターマインと水中花火、大玉が連続する。

 八幡浜港に隣接する道の駅「八幡浜みなっと」の緑地部分の一部は花火観覧場所として正午から開放する。八幡浜みなっと周辺は午後3時以降、車両進入禁止や一方通行の交通規制を順次行う。

 新川駐車場や松蔭小学校、愛宕中学校など16カ所(約2290台分)は臨時駐車場として無料開放する。

 小雨決行。荒天時は16日に順延。問い合わせは市観光物産協会=電話0894(22)3111。

 

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の主要ニュース

トップ10ニュース

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。