ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
926日()

ログイン
Myページ
MENU

ふるまい料理特集 発信!伊予農高記者

五色姫寿司(伊予市)

2017年8月11日(金)(愛媛新聞)

五色姫寿司とつみれ汁

五色姫寿司とつみれ汁

五色姫寿司をふるまう伊予市食生活改善推進協議会のメンバー

五色姫寿司をふるまう伊予市食生活改善推進協議会のメンバー

五色姫寿司とつみれ汁

五色姫寿司とつみれ汁

五色姫寿司をふるまう伊予市食生活改善推進協議会のメンバー

五色姫寿司をふるまう伊予市食生活改善推進協議会のメンバー

 伊予市の国体会場には、ふるまい料理の一つとして地元産の食材だけを使った手作りの五色姫寿司と、エソのすり身のつみれ汁がお目見えする。

 五色姫寿司とは、伊予市食生活改善推進協議会(食改協・本田恵津子会長、270人)が地産地消を心がけ、地元産のアナゴやエビ、ショウガなどを使って作るバラ寿司。毎年3月の五色姫復活祭に出品するようになったのにちなみ名付けた。

 エソのそぼろのピンクや錦糸卵の黄色、ニンジンのオレンジと彩り鮮やかで、見た目にもおいしそうだ。だしをとるちりめんや具材の魚介、野菜類などすべて地元産にこだわっているのが特徴。

 「アナゴは2回付け焼きし、エビは塩ゆでに…」と、食改協会員の口からすらすらと作り方が出てくる。

 

伊予農業高校生記者

伊予農業高校生記者

伊予農業高校生記者

伊予農業高校生記者

 5月下旬、えひめ大会リハーサル大会のバレーボール競技(聴覚障がい者の部)会場でふるまわれた料理を試食。「伊予市そのものを表したような味」を体感した。

 競技見物に来た市内の和田義孝さん(74)、邦子さん(69)夫婦は「そぼろもアナゴも甘くて良い」「伊予市の海の幸満載でおいしかった。(国体に)来る人に喜ばれるだろう」と堪能していた。

 食改協前会長の高岡小夜子さん(82)は「遠来の人々の心に残るようもてなしたい」と腕によりをかける。

【目線】

 取材が昼時だったので、色鮮やかな五色姫寿司やつみれ汁を見ていると、おなかがすいた。国体の出場選手や関係者、観客にもぜひ、この鮮やかでおいしい料理を賞味してもらいたい。(M)

 

五色姫寿司の材料

5合(750g)
だし昆布
10cm
50cc
ニンジン
小1/2本
ゴボウ
50g
水煮タケノコ
50g
干しシイタケ
5枚

飾り付け用具材

そぼろ(エソ)
300g分
アナゴの付け焼き
5匹分
ゆでたこの足
1本(薄切り)
サヨリ
タイの酢〆
絹さや(塩ゆで)
錦糸卵(せん切り)
塩ゆで車エビ(甘酢漬け)
紅ショウガ

材料2

(A)酢1/2カップ強、砂糖100g、塩大さじ1、チリメン50g

(B)だし汁100cc、砂糖大さじ1/2、みりん大さじ1/2、薄口しょうゆ大さじ1/2

(C)砂糖大さじ1、みりん大さじ1、濃い口しょうゆ大さじ1/2

五色姫寿司の作り方

① 米を洗い昆布、酒と1割減の水加減で炊飯器に入れ、30分浸水させ炊く
② ニンジン、ゴボウ、タケノコを細めのせん切りにして(B)を入れ約10分煮て火を止め、味を含ませながら冷まし、ざるにあげる
③ 干しシイタケを水で戻し、漬け汁ごと鍋に入れ、(C)を加えて煮含め、いちょう切りにする
④ 鍋に(A)を入れ、すり身をよくほぐし、火にかけ沸騰したら弱火にして2~3分煮て冷ます
⑤ 炊けたごはんをすしおけにとり、熱いうちに4の合わせ酢をまわし入れ、具も入れ、ねばらないよう切るようにまぜ、うちわであおいで水をとばす
⑥ ⑤のすし飯を皿に盛り、そぼろ以下の飾り具材を入れ盛りつける

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。