ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
926日()

ログイン
Myページ
MENU

ふるまい料理特集 発信!野村高記者

ちゃんこ鍋(西予市)

2017年8月11日(金)(愛媛新聞)

自慢のちゃんこ鍋

自慢のちゃんこ鍋

11年間で改良を重ねた自慢のちゃんこをふるまう野村地域婦人会の担当者

11年間で改良を重ねた自慢のちゃんこをふるまう野村地域婦人会の担当者

自慢のちゃんこ鍋

自慢のちゃんこ鍋

11年間で改良を重ねた自慢のちゃんこをふるまう野村地域婦人会の担当者

11年間で改良を重ねた自慢のちゃんこをふるまう野村地域婦人会の担当者

 相撲といえば「ちゃんこ」。西予市野村町の相撲会場でふるまう料理は、開催が決まった時点で早々に決まった。味は地元出身・片男波親方(元関脇玉春日)の片男波部屋の直伝だ。

 作るのは野村地域婦人会(池田富子会長)の皆さん。実は11年前から「乙亥大相撲」会場で毎年提供している。担当者の今岡しずかさんは「四苦八苦して今の味にたどり着いた。11年分の自信がある」と胸を張る。

 野村のちゃんこはだしが勝負。早朝や前夜から4時間かけて鶏ガラをトロトロになるまで煮込み、付きっきりでアクをとる。決め手は地元特産の干しシイタケを加えることだ。

 

野村高校生取材班

野村高校生取材班

野村高校生取材班

野村高校生取材班

 具材は愛媛産の野菜や肉など10種類以上がどっさり。みそ味や塩味などスープに合わせて種類を変える。もともとの部屋の味は、何杯も食べる力士向けの薄味だが、野村では1杯でちょうどいい味付けにアレンジしている。

 7月7日は野村高相撲部員が参加した試食会があり、用意された50人前は瞬く間に完食。住木厳太主将(18)は「とてもおいしい。野菜もたくさん入って栄養バランスがよく、もっと食べたい」。

 婦人会では競技期間中、巨大鍋を使って1800人前を作る。婦人会担当者らは「一生で一番忙しい3日間になるが、一生で一番の思い出になる。真心を込め頑張って作る」と意気込みを語った。

【目線】

 ちゃんこ鍋の調理場はかなり暑く、熱中症になるのではないかと心配したほど。そんな中で作ってもらったちゃんこの味は、みそとだしが全体を引き立て、優しさを感じる味だった。(U)

 

ちゃんこ鍋(みそ味)の材料30人前

豚バラ肉
1kg
こんにゃく
5玉
大根
1.5本
にんじん
3本
シイタケ
3パック
ゴボウ
3本
ハクサイ
2玉
エノキ
6本
シメジ
6本
厚揚げ
3袋
薄揚げ
6枚
長ネギ
6本

だし30人前

鶏ガラ
6本
コンブ
1枚
煮干し
適量
干しシイタケ
適量
削り節
適量
味噌
600g
にんにく
1片
ショウガ
1片

ちゃんこ鍋(みそ味)の作り方

①鶏ガラ、干しシイタケなどをじっくり煮込んでだしをとる。
②具財を一口大に切って、根菜類など火の通りにくいものを先に煮込む。
③調味料(塩、しょうゆ、みりんなど)で味を調える。
④肉類を煮込む。
⑤最後に、青み野菜、キノコなどを入れ、味付けを微調整して完成。

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。