ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1122日()

ログイン
Myページ
MENU

ふるまい料理特集 発信!三島高記者

いも炊き(四国中央市)

2017年8月11日(金)(愛媛新聞)

「伊予美人」を使った具だくさんのいも炊き

「伊予美人」を使った具だくさんのいも炊き

できたてのいも炊きと「伊予美人」の名付け親・宝利義博さん(右)

できたてのいも炊きと「伊予美人」の名付け親・宝利義博さん(右)

四国中央市で収穫された伊予美人

四国中央市で収穫された伊予美人

 6競技が開催される四国中央市。空手とフェンシングの会場となる伊予三島運動公園体育館では特産のサトイモを使った郷土料理「いも炊き」で選手らにおもてなしをする。

 同市のいも炊きは、鶏ガラスープのだしに鶏肉、ネギ、ゴボウなど約10種類の具材が入るまろやかな味。主役は愛媛のオリジナルサトイモ「伊予美人」で、他品種に比べ、白く、丸く、粘りがあるほか、火の通りがよく、食感の良さが際立つ。

 JAうまによると、同市のサトイモ生産量は県内一。日本三大局地風「やまじ風」の影響を避けるため、地中に実を付けるサトイモの栽培が広がった歴史があるという。

 なかでも2006年から導入が進んだ伊予美人は優れた特性から一気に作付け転換が進み、地元を代表する農産物に成長した。

 

三島高校生記者

三島高校生記者

三島高校生記者

三島高校生記者

 サトイモ生産者で同JA特産部会長の宝利義博さん(63)は「伊予美人」の命名者。県内外で普及、PRに情熱を注いでおり「試食した人は必ず『おいしい』と言ってくれる。どこに出しても恥ずかしくない味」と自信と手応えを語る。

 会場では直径1㍍の大鍋で調理。10月1、2、7日の3日間、それぞれ300食を提供する。「愛媛はミカンだけではないことを知ってほしい」と宝利さん。伊予美人が愛媛の新たな顔になることを願っている。

【目線】

 取材を通じ「伊予美人」に対する宝利さんの愛が伝わってきた。えひめ国体はその味を全国にPRする好機。いも炊きで、「愛顔」いっぱいのおもてなしができればいいなと思った。(N・U)

 

いもたきの材料5人前

サトイモ(伊予美人)
1.5kg
ゲソ
250g
鶏肉
625g
ゴボウ
250g
ネギ
250g
糸コンニャク
2袋
モヤシ
2袋
シメジ
2袋
白玉だんご
5個
うどん
5袋
ニンジン
飾り程度

だし汁5人前

4ℓ
鶏ガラ
1本
花かつお
25g
15g
40cc
だししょうゆ(薄口)
160cc
砂糖
24g
みりん
35cc
風味調味料
20g

[いもたきの作り方]

①だし汁を作っておく。
②サトイモは下ゆでしておく。
③糸コンニャクも下ゆでしアクを取る。
④ゴボウはささかきにしておく。
⑤だし汁に材料を入れて煮込む。
⑥うどんは食べるときに入れる。

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。