愛媛新聞ONLINE

2021
38日()

新聞購読
新規登録
メニュー

[全国高校野球・愛媛大会]最終日 決勝

【帝京第五 3-10 済美】済美圧巻、強打で頂点

2017年7月29日(土)(愛媛新聞)

 

【坊っちゃんスタジアム】 

 

▽決勝(12時29分)

 

123456789
帝京第五 1010000013
済美 12301120X10

▽本塁打 亀岡

 

▽三塁打 橋本

 

▽二塁打 吉岡2、宇都宮、佐藤2、矢野3、川本、渡辺、篠浦

 

▽犠打 帝2(藤井2)済4(矢野、伊藤、橋本、八塚)

 

▽盗塁 帝0、済0

 

▽失策 帝1(高橋謙)済1(矢野)

 

▽守備妨害 渡辺(宮下)

 

▽球審 高木

 

▽塁審 浜田、小林、福住

 

▽試合時間 2時間13分

 

 

 

 

【帝京第五―済美】7回裏済美2死一塁、亀岡が左越えに2点本塁打を放つ=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―済美】7回裏済美2死一塁、亀岡が左越えに2点本塁打を放つ=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―済美】7回裏済美2死一塁、亀岡が左越えに2点本塁打を放つ=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―済美】7回裏済美2死一塁、亀岡が左越えに2点本塁打を放つ=坊っちゃんスタジアム

 

 

 【評】済美が20安打10得点の猛攻で帝京第五を寄せ付けなかった。

 

 0―1の一回、吉岡が適時二塁打を放ち同点。二回は宇都宮の二塁打で2点、三回には矢野らが4長短打を集めて3点を加えた。中盤以降も七回の亀岡の2ランなど長打攻勢で圧倒した。先発八塚は7回自責点1にまとめ、影山、栗田とリレー。最後は再登板した八塚が三振で締めた。

 

 帝京第五は一回、2死三塁から篠崎が適時打を放って先制。三回は佐藤の二塁打を足場に宮下の中前適時打で1点差とするなど追いすがった。しかし高橋謙、高橋一の投手陣が済美打線を止められなかった。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。