ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

[全国高校野球・愛媛大会]第11日

【新居浜南 1-8 松山聖陵】松山聖陵、序盤集中打で主導権 新居浜南は7回に一矢

2017年7月25日(火)(愛媛新聞)

【坊っちゃんスタジアム】

▽準々決勝(12時50分)

123456789
新居浜南00000011
松山聖陵0411011X8

(七回コールドゲーム)

▽三塁打 星本2、松本侑

▽二塁打 津波

▽犠打 新2(千葉哉、木本)松5(尾崎、川崎、渡部2、吉田)

▽盗塁 新0、松3(星本、渡部、佐々木)

▽失策 新1(田坂)松1(尾崎)

▽球審 安川

▽塁審 川本康、山崎、室野

▽試合時間 1時間47分

 

【松山聖陵―新居浜南】2回裏松山聖陵2死二、三塁、津波が右翼線に2点適時二塁打を放ち3―0とする=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―新居浜南】2回裏松山聖陵2死二、三塁、津波が右翼線に2点適時二塁打を放ち3―0とする=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―新居浜南】2回裏松山聖陵2死二、三塁、津波が右翼線に2点適時二塁打を放ち3―0とする=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―新居浜南】2回裏松山聖陵2死二、三塁、津波が右翼線に2点適時二塁打を放ち3―0とする=坊っちゃんスタジアム

 【評】松山聖陵が序盤の集中打で主導権を握った。二回、先頭の松沢が死球で出塁すると、犠打と単打で1死一、二塁とし、佐々木、津波、星本の3長短打で4点を先制。三回以降も松本侑の三塁打や渡部の犠飛などで点を重ねコールド勝ちした。先発岡本は4安打1失点に抑えた。

 新居浜南は六回まで1安打に抑えられた。七回、先頭の田坂と平木の連打で無死一、三塁とし、千葉哉の二ゴロの間に1点を返したが続かなかった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。