ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

[全国高校野球・愛媛大会]第8日

【川之江 10-2 八幡浜工】川之江、猛打で主導権 八幡浜工打線は続かず

2017年7月22日(土)(愛媛新聞)

【坊っちゃんスタジアム】

▽2回戦(11時26分)

123456789
川之江213110210
八幡浜工02000002

(七回コールドゲーム)

▽三塁打 井上

▽二塁打 宇都、尾崎、松本

▽犠打 川3(三好、石川将、石川宜)八2(菊池、後藤)

▽盗塁 川5(山尾2、加地、石川将、柴垣)八0

▽失策 川0、八2(山本連2)

▽球審 亀田

▽塁審 尾崎、上石、山崎

▽試合時間 2時間3分

 

【八幡浜工―川之江】6回裏川之江の守り無死一塁、投ゴロから遊撃・石川将(左)が一走を封殺、一塁へ送球し併殺とする=坊っちゃんスタジアム

【八幡浜工―川之江】6回裏川之江の守り無死一塁、投ゴロから遊撃・石川将(左)が一走を封殺、一塁へ送球し併殺とする=坊っちゃんスタジアム

【八幡浜工―川之江】6回裏川之江の守り無死一塁、投ゴロから遊撃・石川将(左)が一走を封殺、一塁へ送球し併殺とする=坊っちゃんスタジアム

【八幡浜工―川之江】6回裏川之江の守り無死一塁、投ゴロから遊撃・石川将(左)が一走を封殺、一塁へ送球し併殺とする=坊っちゃんスタジアム

 

 【評】12安打を放った川之江が五回まで毎回得点で主導権を握った。一回、四球と松本の2点適時打で先制。3―2の三回1死二、三塁には井上、加地の連続適時打で突き放し、七回は4安打を集めて勝負を決めた。

 八幡浜工は二回、土居原、山本連、三原の安打などで2点を奪ったが、三回以降は3安打に抑えられた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。