ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
922日()

ログイン
Myページ
MENU

河野兵市さんや山内浩さんにスポット

挑戦する人生、足跡触れて 愛媛の探検家らの道具展

2017年7月16日(日)(愛媛新聞)

河野さんが使用していた道具を興味深く見る来場者

河野さんが使用していた道具を興味深く見る来場者

 県生涯学習センター(松山市上野町)の愛媛人物博物館で15日、夏季企画展「愛媛の探検家・冒険家たち」が始まった。日本人初の北極点単独徒歩到達に成功した河野兵市さん(1958~2001年)らの道具や日記など約400点を展示している。8月31日まで。

 同館では毎夏、県内の偉人を取り上げる企画展を開いており、今回は河野さんや、龍河洞(高知県)の全容を8年がかりで明らかにした山内浩さん(1903~82年)ら3人にスポットを当てた。

 会場には、河野さんが北極点に到達した冒険で使ったテントが張られ、3基のソリのうちの1基を展示。北極点から故郷・伊方町に徒歩で帰る途中に亡くなる前日まで付けていた日記などもある。

 企画担当の末武朝則学芸員(39)は「3人のチャレンジする生きざま、前向きな考え方を感じてもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 期間中、河野さんの妻・順子さんや山内さんの三男・平三郎さんの講演会などがある。問い合わせは県生涯学習センター=電話089(963)2111。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。