ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1122日()

ログイン
Myページ
MENU

約90人が一流の技術を学ぶ

八幡浜で元日本代表を招きバレーボール教室

2017年7月14日(金)(愛媛新聞)

元日本代表の山本さん(左)からオーバーハンドパスの正しい構えを教わる参加者

元日本代表の山本さん(左)からオーバーハンドパスの正しい構えを教わる参加者

 男子バレーボール元日本代表の山本隆弘さん(39)を招いたバレーボール教室が8日、八幡浜市北浜1丁目の市民スポーツセンターであり、市内の小中学生約90人がレベルアップを目指して一流の技術を学んだ。

 八幡浜市で愛媛国体の成年男子バレーボールが開催されるため、国体への機運を盛り上げようと市が2015年から実施。山本さんが現役時代に所属したVプレミアリーグ「パナソニックパンサーズ」の渡辺奏吾選手と伊賀亮平選手も駆け付けた。

 中学生への指導では、パスやレシーブ、スパイクの基本動作を丁寧に伝授した。オーバーハンドパスでは、ボールの勢いに負けない構えや膝の使い方を強調。選手らとのミニゲームもあり、参加者は元気いっぱいにプレーを楽しんだ。

 山本さんは「バレーが楽しいという今の気持ちを忘れずに練習に励んでほしい」と激励。松柏中女子生徒(13)は「普段はあまり意識していない基本をしっかり学べた。今後の練習に取り入れたい」と話していた。

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。