ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1122日()

ログイン
Myページ
MENU

週刊!えひめ国体・障スポ大会

競技の見方<相撲>

2017年7月13日(木)(愛媛新聞)

【団体戦 駆け引きも重要】

 なじみ深い大相撲との一番の違いは団体戦であること。少年男子は1チーム5人、成年男子は3人で構成し、予選3試合の上位16チームがトーナメント方式で優勝を競う。

 体重100キロを超す巨漢の選手がにぶい音を響かせて頭からぶつかり合う迫力や豪快な投げは見どころ満点。力だけでなく、素早い足の運びや相手の体勢を崩す技、相手の懐に入り込む小兵の活躍も注目される。

 先に白星を重ねて勢いをつけるか、最後に大将がどっしり構えるか―。選手の並び順も勝敗を左右するポイントで、選手の力量や性格も考慮して戦略を練る。

 成年男子個人戦優勝者に大相撲に入る際の優遇措置も与えられ、将来のスターを探すのも楽しみの一つだ。

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。