ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
724日()

ログイン
Myページ
MENU

国体リハーサル大会

高校生スタッフ奮闘、運営支える

2017年7月9日(日)(愛媛新聞)

選手の衣類が入った籠をきびきびと運ぶ「カゴ隊」=アクアパレットまつやま特設プール

選手の衣類が入った籠をきびきびと運ぶ「カゴ隊」=アクアパレットまつやま特設プール

 6月30日に完成したアクアパレットまつやま特設プール。選手、役員ともに慣れない会場での大会運営を支えたのは、競技補助員の高校生たちだった。

 リハーサル大会には中予の高校や中等教育学校6校から約120人が補助員として参加した。「カゴ隊」と呼ばれる生徒らは、選手がプールに入る前に脱いだ服を入れた籠を退場口まで運び、スタート台に新しい籠を用意する係。選手のスムーズな入退場には欠かせない役割で、県水泳連盟の越智隼人さんは「高校生がいなければ役員が仕事に集中できない」と感謝する。

 松山北高の中村千紗さん(17)と大西朱星さん(16)は「新しい会場で動線を把握できていなかったが、スムーズに進行できるよう動きを練習した」。国体でも補助員として参加する菊池ほのかさん(17)は「トップレベルの泳ぎを近くで見られるのが楽しみ。愛媛の選手にも頑張ってほしい」と心待ちにしていた。

 

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。