ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1213日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛国体「おもてなし」特集 ふるまい運動

西条・絹かわなす 

2017年6月22日(木)(愛媛新聞)

西条市の山岳のリハーサル大会で振る舞われた絹かわなすの田楽

西条市の山岳のリハーサル大会で振る舞われた絹かわなすの田楽

【甘み強い伝統野菜 人気】

 西条市では、石鎚クライミングパークSAIJOで開催した山岳のリハーサル大会で、伝統野菜「絹かわなす」を使った田楽や揚げなすを振る舞った。

 絹かわなすは果皮が薄くなめらかで通常のナスより大きいのが特長。田楽の肉みそも西条市で生産が盛んな裸麦から作った。

 地元の女性有志と野菜ソムリエコミュニティえひめ西条支部が調理した甘みの強いナスは、子どもにも人気で、200食が約1時間でなくなった。

 おもてなし事業を担当する市国体推進課の野村純江係長(49)は「西条の豊富な食材を生かした心温まるおもてなしで、また来たいと思ってもらえるようにしたい」と話していた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。