ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

週刊!えひめ国体・障スポ大会 熱戦!障スポ

個人編<下>

2017年6月15日(木)(愛媛新聞)

【アーチェリー 宮窪石文化運動公園 今治】

 

 中四国身体障害者大会を兼ねたアーチェリーは5月28日、今治市宮窪石文化運動公園で行い52人が競った。男女個人4種目16クラスで実施。72射の合計得点で争い、選手は集中して的を狙っていた。

 ロンドンパラ五輪女子個人5位の永野美穂選手(大同生命、今治市出身)もコンパウンド50メートル・30メートルラウンドに出場。東京パラ五輪「金」へフォームや弓の調整などを試行錯誤しており「練習環境が整い、成長できる部分はある」と今後に意欲をみせた。

 男子リカーブ30メートルダブルラウンドで優勝の井上幸一選手(松山市)は「序盤のトラブルも冷静に対処できた。本番も練習通り挑みたい」と話していた。

 障スポ大会は10月29日に開催される。

【1位の選手】

 【男子】50メートル・30メートルラウンドリカーブ 松林馨 大西忠数▽同コンパウンド 石田潤 野口忠明▽30メートルダブルラウンドコンパウンド 山崎敏満 大江佑弥▽同リカーブ 大下博 井上幸一 山本利満 曽我部海青 矢野誠一 森光義

 【女子】50メートル・30メートルラウンドリカーブ 河本かおる▽同コンパウンド 永野美穂▽30メートルダブルラウンドコンパウンド 山田恵美▽同リカーブ 窪田貴美

 

【フライングディスク 市ひうち陸上競技場 西条】

 

 県障害者スポーツ大会を兼ねたフライングディスクの大会は5月28日、西条市ひうち陸上競技場で開かれ、「アキュラシー」と「ディスタンス」の2種目に656人が参加した。

 アキュラシーは5メートルまたは7メートル先にある直径約1メートルのゴールを狙って10回投げ、通過した枚数を競う。最大8人の83組に分かれ、メダルを争った。上位が10点満点で並ぶ組が出るなどハイレベルな試合が繰り広げられた。

 ディスクの飛距離を競うディスタンスは、立位、座位、男女別で行われ、男子立位では南埜勇人選手(宇和特別支援学校高等部3年)が45メートル86の好記録を出して会場を沸かせた。

 障スポ大会は同会場で10月28~30日に開催する。

【1位の選手】

 【アキュラシー男子】安井幸重 徳永健太 加地巧 松浦研二 黒河貞雄 高橋征三 田爪孝喜 岩本兼美 佐々木省二 立川幹晴 青野時春 仙波芳友 岡田篤史 梶原純逸 合田歩夢 楠崇洋 堀家和良 滝本真壮 神野英人 桑原奏 山田優太 藤本雄也 岸満 斉宮学 水口貴之 白石尚之 石川大貴 住田聡 片上軌文 柏宗良 一色陽輔 山田潤 上野光正 宮田ヒデユキ 手嶋康貴 井上久和 池田佳隆 曽我部林造 河野和博 武智靖 矢野秀典 三瀬学 井手明 大西悟 金子光春 福岡明 清家明知 一色博信 泉甲二 高橋悦夫

 【女子】久保田玲奈 松木佳代 渡部紗世 森岡幾子 中川喜久野 土居静子 田中葉子 中谷薫 村上富美子 周藤愛 石川清香 古田舞歌 影山菜月 竹村祐紀子 谷川友梨 梅岡由貴子 村上祐美 室菜七恵 徳田幸恵 後藤満里子 小西いつみ 森本圭子 崎山昭子 福島由夏 篠崎幸子 野島英子 河口かずみ 菅君恵 木原育代 高市真帆 川田志帆 藤田ヒサ子 高橋優子

 【ディスタンス男子】玉井隼人 阿部是也 南埜勇人 武方涼太 守屋亮治 井川和也 芝野滝雄 加藤博之 十亀淳 河内次郎 川合博

 【女子】河原田春美 横井真菜 有重麻由 三好幸子 小椋望未 原美恵 泉宮澄子

 

【水泳 アクアパレットまつやま 松山】

 

 水泳=写真①②③=は5月28日、松山市市坪西町のアクアパレットまつやまで行われた。自由形や背泳ぎ、リレーなど10種目を障害の区分で54レースに分けて実施され、83人が力泳した。

 「ダブルほのか」と称され、日本身体障がい者水泳連盟の育成選手として世界を目指す中道穂香(南宇和高)と岡部歩乃佳(新居浜東高)が選手宣誓。区分は違うものの、同じ50メートル背泳ぎでタイムを競った。

 中道は「ターンの失敗もなく泳げた。本大会ではベストを出したい」と意欲。岡部は「地元開催を高校生という(選手として)良い時期に迎えられて幸せ」とかみしめた。

 障スポ大会は10月28~30日に開かれる。

【1位の選手】

 【男子】25メートル自由形 浮穴誠市 友沢翔 佐相和希 寺坂友希 佐々木一明 原田弘三 塩崎創 渡辺恒夫 松川太海 川中一輝 桜田開 相原裕太▽50メートル自由形 曽根克博 友沢翔 清家宏朗 浮穴誠市 宮崎信博 塩崎創 深川知則 伊藤凜 川中一輝 桜田開 渡部秀紀▽25メートル背泳ぎ 塩出秀男 佐相和希 紺田聖治 伊東拓海 高橋萌▽50メートル背泳ぎ 野尻文也 亀田優人 森本大樹▽25メートル平泳ぎ 島津成秀 四之宮悠也 佐々木一明▽50メートル平泳ぎ 森本大樹 伊藤凜 山内康平▽25メートルバタフライ 宮崎信博 渡部秀紀 紺田聖治 久米潤▽50メートルバタフライ 村上拓海 久米潤

 【女子】25メートル自由形 横山ひと美 酒井文子 中村千織 丹波久美子 妻鳥和恵 稲田智恵 徳本真菜 中村真美▽50メートル自由形 横山ひと美 酒井文子 中道穂香 佐藤美鈴 丹波久美子 徳本真菜 浅野里佳▽25メートル背泳ぎ 中村千織 末光真知子 新山マサ子 佐藤美鈴 山村茉美 藤名育恵▽50メートル背泳ぎ 岡部歩乃佳 中道穂香 山村茉美▽25メートル平泳ぎ 妻鳥和恵 須賀あさみ 三木礼菜▽50メートル平泳ぎ 三木礼菜▽25メートルバタフライ 田口明恵 浅野里佳 末光真知子▽50メートルバタフライ 中村真美 岡部歩乃佳

 【混合】200メートルリレー チームTetoTe(深川、久米、福島、桜田)▽200メートルメドレーリレー みなら特支松山城北分校(福桝、四之宮、紺田、松元)

 

【岩手を回顧】

【過去最多51個メダル】

 全国障害者スポーツ大会岩手大会は2016年10月22~24日に開かれ、愛媛勢は個人6競技に41選手が出場。過去最多となる51個(金24、銀17、銅10)のメダルを獲得した。

 陸上では、1500メートルで児玉裕喜子、ジャベリックスローで安藤佳浩が大会新記録で金メダルに輝いたほか、50メートルでも矢野繁樹が記録を更新し2位に入った。水泳では岡部歩乃佳が50メートル背泳ぎで1位になった。

 フライングディスクでは、アキュラシー・ディスリート5で伊藤孝文と梶原純逸が10投全て成功させての1位をつかみ、卓球では森田亮平、ボウリングでは久保道雅が頂点に立った。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。