ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

週刊!えひめ国体・障スポ大会 熱戦!障スポ

団体編<下>

2017年6月8日(木)(愛媛新聞)

【バスケットボール 市総合体育館 大 洲】

 

 

 バスケットボールは5月27、28の両日、男女両部門が大洲市総合体育館で行われ、白熱したトーナメント戦を繰り広げた。

 知的障害のある選手で構成し、当日は男子8チーム、女子5チームの計約150人がプレーした。男子は高知が岡山を下し優勝。女子は岡山が栄冠を手にした。

 高知男子チームで主将を務めた小松幸人選手(26)は「練習したことができた。大洲の会場はとてもやりやすかった」と喜んだ。交流試合に参加した愛媛は男子が1勝2敗、女子が2敗だった。

 会場では大洲名物の「いもたき」も無料で振る舞われ、来場者は満足そうに味わった。

 障スポ大会は10月28、29の両日、同体育館で開かれる。

 

【車いすバスケ 市営中央体育館 今 治】

 

 

 リハ大会を兼ねた車いすバスケットボールの中国・四国ブロック予選会は5月27、28の両日、今治市営中央体育館で開かれ、6県が全国大会出場をかけ頂点を目指した。愛媛は交流戦2試合を行い、いずれも勝利した。

 一般のバスケとほぼ同じルールだが、ダブルドリブルはない。障害程度で1・0~4・5点の持ち点があり、出場5人の合計が14点を超えてはならない。

 女性2人を含む12人の愛媛車椅子バスケットボールクラブが出場。山口に32―9、高知に32―15で快勝した。予選会は圧倒的な強さで岡山が制した。

 障スポ大会は10月28、29の両日、同体育館で開催。ブロック予選を勝ち抜いた6チームと愛媛の計7チームが優勝を狙う。

 

【バレーボール しおさい公園伊予市民体育館 伊予市 県武道館 松山 八幡浜市民スポーツセンター 八幡浜】

 

 

 バレーボール=写真⑦⑧⑨=は5月27、28の両日、身体障害(聴覚障害)部門をしおさい公園伊予市民体育館(伊予市)で、知的障害部門を県武道館(松山市)で、精神障害部門を八幡浜市民スポーツセンター(八幡浜市)でそれぞれ行った。

 1チーム6人制。1セット25点のラリーポイント制。身体、知的は男女別。精神は男女混合で、ソフトバレーボールを使う。

 リハ大会には中四国から身体に7チーム、知的に9チーム、精神に10チームが出場。身体障害男子が鳥取、同女子が広島、知的障害が男女ともに山口、精神障害は岡山県が優勝した。

 交流戦に参加した愛媛チームは知的障害女子が2勝を挙げるなど健闘した。

 障スポ大会は10月28~30日(精神のみ28、29日)にリハ大会と同じ会場で開かれる。身体と知的の各男女、精神いずれも7チームが出場予定。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。