ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内15会場、大会新23記録

障スポ・リハ大会、13競技880人熱戦

2017年5月29日(月)(愛媛新聞)

400㍍リレーでアンカーへバトンパスする選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

400㍍リレーでアンカーへバトンパスする選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上競技のスラロームで、巧みに電動車いすを操りタイムを競う選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上競技のスラロームで、巧みに電動車いすを操りタイムを競う選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

400㍍リレーでアンカーへバトンパスする選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

400㍍リレーでアンカーへバトンパスする選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上競技のスラロームで、巧みに電動車いすを操りタイムを競う選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上競技のスラロームで、巧みに電動車いすを操りタイムを競う選手=28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 全国障害者スポーツ大会のリハーサル大会が28日、県総合運動公園ニンジニアスタジアムなど15カ所であり、陸上やフットベースボールなど本番と同じ13競技を行った。

 同スタジアムでは午前9時から19市町の選手団約880人が参加して開会式があった。陸上競技に出場する松山市の高橋宏憲選手(64)と東温市の加藤静流選手(23)が「今日の出会いを大切にし、明日への元気につながるよう明るく力強く競技する」と宣誓。手話通訳や大型スクリーンに映し出される要約筆記もあり、会場は気持ちを一つにした。

 続いて開催した陸上競技では、視覚障害者の種目が始まるとアナウンスが控えられ、選手は緊張感の中で進行方向から鳴る音を頼りにプレー。対照的に競技の最後を飾った知的障害者のリレーではスタンドから盛んに声援が飛んだ。23の大会新記録が誕生した。

 肢体不自由者男子2部スラロームで1位になった村上司さん(63)=松山市=は「毎年のことやけど、国体もあるし今年は特別」と顔をほころばせた。

<全国障害者スポーツ大会のリハーサル大会は愛媛新聞の6月8日付と15日付の「週刊!えひめ国体 障スポ大会」で詳報します>

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。