愛媛新聞ONLINE

2021
726日()

新聞購読
新規登録
メニュー

[春季高校野球・四国地区大会]第2日 準決勝

【三本松 2-4 松山聖陵】松山聖陵 攻守躍動 三本松下し決勝進出

2017年5月5日(金)(愛媛新聞)

 

【鳴門オロナミンC球場】

 

▽準決勝(9時59分)

 

123456789
三本松 0000020002
松山聖陵10030000X4

▽二塁打 渡辺、川崎、津波、川崎2

 

▽犠打 三1(安芸)松4(富里、星本、松本、川崎)

 

▽盗塁 三0、松1(富里)

 

▽失策 三1(高橋)松1(富里)

 

▽球審 桝田

 

▽塁審 栗栖、松島、森本博

 

▽試合時間 2時間8分

 

 

 

 

【三本松―松山聖陵】4回裏松山聖陵1死二、三塁、津波が左翼線を破る二塁打を放ち4―0とする=鳴門オロナミンC球場

【三本松―松山聖陵】4回裏松山聖陵1死二、三塁、津波が左翼線を破る二塁打を放ち4―0とする=鳴門オロナミンC球場

【三本松―松山聖陵】4回裏松山聖陵1死二、三塁、津波が左翼線を破る二塁打を放ち4―0とする=鳴門オロナミンC球場

【三本松―松山聖陵】4回裏松山聖陵1死二、三塁、津波が左翼線を破る二塁打を放ち4―0とする=鳴門オロナミンC球場

 【評】松山聖陵が攻守でそつがなかった。

 

 一回、敵失と富里の左前打で無死一、二塁とすると、二つの犠打で1点を先制。四回は四球と松沢の単打、吉田のバントヒットで無死満塁とし、川崎の犠飛と津波の二塁打で3点を追加した。

 

 先発後呂は打たせて取るピッチングで5回⅓を投げ5安打2失点。六回、1死二塁で登板した2番手米須が無得点でしのぐと、七回以降は岡本、中村の継投で追い上げを許さなかった。

 

    残り:850文字/全文:1254文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。