愛媛新聞ONLINE

2021
83日()

新聞購読
新規登録
メニュー

[春季高校野球・四国地区大会]第1日 1回戦

【英明 4-9 帝京第五】帝京第五猛攻14安打 英明に9―4 先発粘投161球

2017年5月4日(木)(愛媛新聞)

 

【鳴門オロナミンC球場】

 

▽1回戦(8時58分)

 

123456789
英  明2000002004
帝京第五30005001X9

▽三塁打 宮下

 

▽二塁打 吉岡、篠崎、佐藤、川本、高橋謙

 

▽犠打 英3(湊、高橋、中西)帝1(森木)

 

▽盗塁 英0、帝4(今田、佐藤、宮下、藤井)

 

▽失策 英3(石川、吉岡、湊)帝0

 

▽暴投 高橋謙

 

▽球審 岸上

 

▽塁審 森本博、東田、木下

 

▽試合時間 2時間12分

 

 

 

 

【帝京第五―英明】5回裏帝京第五、宮下が無死から右翼線を破る三塁打を放つ=鳴門オロナミンC球場

【帝京第五―英明】5回裏帝京第五、宮下が無死から右翼線を破る三塁打を放つ=鳴門オロナミンC球場

【帝京第五―英明】5回裏帝京第五、宮下が無死から右翼線を破る三塁打を放つ=鳴門オロナミンC球場

【帝京第五―英明】5回裏帝京第五、宮下が無死から右翼線を破る三塁打を放つ=鳴門オロナミンC球場

 【評】帝京第五が14安打の猛攻で打ち合いを制した。

 

 0―2の一回、宮下、今田の安打などで好機をつくり篠崎の適時二塁打などで3点を奪い逆転。五回は宮下の三塁打を皮切りに小西の中前適時打、佐藤、川本、高橋謙の3連続二塁打で一挙5点を挙げリードを広げた。

 

 先発高橋謙は初回に3安打を浴び2失点したが、その後走者を背負っても粘投。無失策、2併殺のバックにも助けられ161球で完投した。

 

    残り:798文字/全文:1221文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。