ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
627日()

ログイン
Myページ
MENU

KOSHIRO NOW ③

島田高志郎選手(15)の”今”をお伝えします。

2017年4月27日(木)(リック)

高校生になりました

高校生になりました

オフは友達とすごすのが楽しみ

オフは友達とすごすのが楽しみ

高校生になりました

高校生になりました

オフは友達とすごすのが楽しみ

オフは友達とすごすのが楽しみ

KOSHIRO NOW ③

松山市出身のフィギュアスケーター・島田高志郎選手(15)の“今”をお伝えします。

 

故郷で200点超

 3月25・26日、中四国選手権大会がイヨテツスポーツセンターで行われました。10日前に世界ジュニアを終えたばかり、けがもありましたが、島田選手は小さい頃に初めて立ったリンクに元気な姿を見せました。SPは前半のコンビネーションジャンプからノーミス。フリーでは機材の不具合で演技開始が遅れたものの、「高志郎くん、がんば!」の声援を受けて、のびやかな演技を披露。今シーズン、全日本ジュニア、全日本選手権、世界ジュニアと大舞台で経験を積み、技にも表現力にも磨きをかけた島田選手は、シーズン最後のこの大会で200.82という高得点を出しました。

 「とても幸せな気持ちでした。小学校時代の親友たちや先生も応援に来てくれ、同窓会みたいで楽しかった!」と話す島田選手です。

 

次のステージへ

 世界ジュニアではコンディションを合わせられず、「今の実力だと痛感」するも、友野一希選手9位と島田選手14位で、来季の日本男子出場枠「2」を確保しました。

4月、世界選手権。羽生結弦選手が5位からの大逆転優勝。宇野昌磨選手は初の2位。「史上最高の戦いでした。自分もいつかあの舞台に立ちたい」と上を目指す島田選手。シニアへの移行時期は「理想は高校2年ですが、技術次第です」と話します。

 現在、痛めた腰の治療をしながら来シーズンの準備中。海外で新しいプログラムの振付指導も受けています。次はどんな演技と“高志郎スマイル” を見せてくれるか、今から楽しみです。

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。