ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
218日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

カメラスケッチ

佐田岬灯台公園「御籠島エリア」オープン

2017年4月4日(火)(愛媛新聞)

佐田岬灯台から見た御籠島の全景

佐田岬灯台から見た御籠島の全景

御籠島展望所にある灯台の形を縁取ったモニュメント。思い出を切り取るシンボリックなデザインで、記念撮影にも最適

御籠島展望所にある灯台の形を縁取ったモニュメント。思い出を切り取るシンボリックなデザインで、記念撮影にも最適

御籠島展望所から望む佐田岬灯台。従来は船からしか見ることができなかった海側からの眺望を楽しめる

御籠島展望所から望む佐田岬灯台。従来は船からしか見ることができなかった海側からの眺望を楽しめる

戦争遺産の洞窟式砲台跡に設置した「三八式12㌢りゅう弾砲」のレプリカは、歴史を語り継ぐ貴重な史料だ

戦争遺産の洞窟式砲台跡に設置した「三八式12㌢りゅう弾砲」のレプリカは、歴史を語り継ぐ貴重な史料だ

 初点灯から100年目を迎えた四国最西端の佐田岬灯台(伊方町正野)を観光資源として活用しようと、伊方町が整備していた佐田岬灯台公園「御籠(みかご)島エリア」が2日にオープンした。

 御籠島は灯台から西約100メートルに位置する。コンクリート護岸で陸続きだが、これまで一般の立ち入りはできなかった。御籠島エリアには、新たな展望所やモニュメント、洞窟式砲台跡を整備。眺望を楽しめ、歴史の一端を感じられる新スポットを紹介する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。