愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞サービスセンター
刊行日
2017年3月
体裁
A5判 446ページ
ISBN
978-4-86087-131-4

在庫あり

松山高商・経専の歴史と三人の校長 -加藤彰廉・渡部善次郎・田中忠夫-

川東竫弘(著)

価格: 2,500+税

目指したのは帝大、

「四国大学」

現松山大学の前身、旧制松山高等商業学校、旧制松山経済専門学校の校長を務めた3人、加藤彰廉・渡部善次郎・田中忠夫の業績を詳細検証、新しい評価を加えた労作。

大正期、伊予教育議会会長の井上要らは、旧制松山高等学校の設立を機に、帝国大学「四国大学(仮称)」の設立を目指す。その足掛かりと目されたのが、旧制松山高等商業学校だった。初代校長に就いたのは、旧松山藩出身で東京帝大を卒業、文部・大蔵官吏、大阪高商校長などを務めた加藤彰廉。

激しく動いた国内情勢、学制の変遷などにより、帝大昇格とはならなかったものの、2代渡部善次郎、3代田中忠夫に牽引された学園は、戦後の松山商科大学へと引き継がれて行く。

長く松山商科大学、松山大学の経済学部で教鞭を執った著者は、定年後の現在も名誉教授として、後進たちの指導に当たる。

出版社
愛媛新聞サービスセンター
刊行日
2017年3月
体裁
A5判 446ページ
ISBN
978-4-86087-131-4

注文する