ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
323日()

ログイン
Myページ
MENU

今治・上浦「大三島ワイン」へ植樹

ブドウの苗木に夢託し 今秋試験醸造目指す

2017年3月20日(月)(愛媛新聞)

大三島産のワイン造りへブドウの苗木を植える参加者

大三島産のワイン造りへブドウの苗木を植える参加者

 愛媛県今治市大三島産のワイン造りを目指している株式会社「大三島みんなのワイナリー」が19日、同市上浦町瀬戸の畑にブドウの苗木を植えた。収量が確保できれば、今秋から試験醸造に取り組む予定。

 みんなのワイナリーは2015年11月に設立され、建築家の伊東豊雄さんが代表を務める。15、16年に計約40アールで「マスカットベリーA」「シャルドネ」「ビオニエ」の計約500本を栽培。今年は規模を拡大し、新たに約40アールに「メルロー」を加えた4種類計約千本を植える。

この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。