ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1119日()

ログイン
Myページ
MENU

努力開花、喜びの春

県立高で一般入試合格発表

2017年3月18日(土)(愛媛新聞)

友人と合格を喜ぶ松山東高の受験生=17日午前、松山市持田町2丁目

友人と合格を喜ぶ松山東高の受験生=17日午前、松山市持田町2丁目

2017年度県立高校学科別合格者数

2017年度県立高校学科別合格者数

友人と合格を喜ぶ松山東高の受験生=17日午前、松山市持田町2丁目

友人と合格を喜ぶ松山東高の受験生=17日午前、松山市持田町2丁目

2017年度県立高校学科別合格者数

2017年度県立高校学科別合格者数

 県内全ての県立高校で17日、2017年度一般入試の合格発表があり、全日制52校と定時制10校の計8454人が喜びをかみしめた。

 松山市持田町2丁目の松山東高校では、午前10時に合格者357人の番号を掲示。受験生は自分の番号を見つけると「受かった!」と歓声を上げていた。

 松山市勝山中学校の男子生徒(15)は「野球部で4番エースとして甲子園を目指したい。将来、東京六大学リーグで野球ができるよう文武両道で頑張る」と夢を描いた。同市小野中の女子生徒(15)は「スーパーグローバルハイスクールの海外研修が楽しみ」と話した。

 県教育委員会によると、総定員9365人の全日制は推薦入学確約者を含む8388人が合格、総定員440人の定時制は66人が合格した。出願時の倍率は全日制が0・94倍、定時制が0・20倍だった。合格者数が定員に満たない学科は105学科中65学科。

 受験生は4月17日まで、各校で調査書と入試の得点の開示を請求できる。

 定員に満たない定時制は2次募集を実施する。出願期間は3月21日から29日正午まで。試験は4月3日、合格発表は4日に行う。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。