ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1113日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

春の全国高校選抜大会

えひめ勢戦力チェック<1>     

2017年3月11日(土)(愛媛新聞)

[素早さが身上]塁間が短いソフトボールは、一瞬の隙も許されない。素手で捕球し、素早く送球する=3日、聖カタリナ学園高グラウンド

[素早さが身上]塁間が短いソフトボールは、一瞬の隙も許されない。素手で捕球し、素早く送球する=3日、聖カタリナ学園高グラウンド

<ソフトボール>

[打線 下位まで穴なし]

 【松山工男子】下位まで穴がなく破壊力もある打線で日本一を目指す。主将太田、天野、松原の上位陣は打率が高く足も使える。勝負強い一色ら中軸の一打に期待がかかる。守りは、球速がアップした井上、ライズボールにキレのある一色らを軸に大崩れすることはない。

 

[大舞台での経験豊富]

 【聖カタリナ学園女子】昨年の大会出場者が多く残り大舞台での経験が豊富。打線は足が使える大政、パンチ力のある1年明神ら上位が出塁し、小技を絡めて得点につなぐ。チェンジアップをマスターして投球の幅が広がったエース岡を中心に、機敏な守りで失点を最小限にしたい。

 

<バドミントン>

[試合巧者と成長ペア]

 【新田男子】チームのスタートから目標は全国の表彰台。攻守に技術が高く試合巧者の曽我部がチームをけん引する。スピードがあり運動量も豊富な主将原田と、後ろから強いショットを打ち込む1年楠のペアも成長している。

 

[精鋭6人 入賞に全力]

 【新田女子】6人と少数精鋭で腕を磨いてきた。一戦必勝で入賞を狙う。ショットに力がある横山、コンパクトなスイングで前に切り込む原田のペアが核。粘りが持ち味の1年宮本も第1シングルスとして流れを呼び込みたい。

 

<相撲>

[光る駆け引きに期待]

 【野村】駆け引き上手な3人が予選通過を見据える。先鋒(せんぽう)小池は小柄で相手の懐に入って下から押し上げる力がある。大将の由留部は勝負強い。ポイントゲッターは、団体準優勝した昨年の経験者で中堅の住木。個人でも入賞の期待がかかる。

 

<剣道>

[強化が結実 団結力も]

 【帝京第五男子】6年連続出場。愛媛国体を控えて強化が進み、チーム力はアップ。四国新人大会も制した。チームワークがあり、動きにキレがある小阪と、全国強化指定選手の山崎を軸に優勝を目指す。

 

[初戦強豪 勝機を狙う]

 【帝京第五女子】選抜県予選、四国新人大会を制した。初戦で昨夏のインターハイ覇者中村学園女(福岡)を破れば日本一の可能性はある。長身の岩中らがつなぎ、四国新人の個人チャンピオン安田に回せば勝機はある。

 

[競り合いから上位へ]

 【済美女子】県2位校で、前回の選抜、昨夏のインターハイと3季連続で全国の大舞台を踏む。勝負強い上杉、昨年もメンバーの菊池らで競り合いに持ち込み、岩手国体準優勝に貢献した二神でポイントを稼ぎ上位を狙う。

 

<ラグビー>

[運動量と防御持ち味]

 【三島女子】豊富な運動量と粘り強いディフェンスが持ち味。1勝を目指す。技術がある石川、体幹が強い坂上が縦に突破し、走力のある高橋らが得点につなぐ。主将山瀬は状況に応じて的確な判断ができる。

 

<ライフル射撃>

[安定感 3位以内目標]

 ビームピストル女子立射40発に、四国2位の高尾(内子)が出場。安定感があり3位以内を目指す。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。