ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1021日()

ログイン
Myページ
MENU

発信!愛媛大附属高取材班

よしもとスポーツフェス(下) 楽しく体操 笑顔の交流

2017年2月18日(土)(愛媛新聞)

鬼になった子どもに追いかけられ、逃げる田中光さん(左)

鬼になった子どもに追いかけられ、逃げる田中光さん(左)

 

鬼になった子どもに追いかけられ、逃げる田中光さん(左)

鬼になった子どもに追いかけられ、逃げる田中光さん(左)

 

 

 国体関連イベントとして1月22日、松山市で開催された「愛顔(えがお)つなぐよしもと大博覧会 スポーツフェスティバルIN愛媛」。元体操五輪選手の田中光さん(44)が講師を務める「アクティブチャイルドプログラム」には幼児から小学生約20人が参加し、体操やゲームで軽スポーツに親しんだ。

 田中さんは1996年のアトランタ五輪に出場。現在は流通経済大教授で体操クラブを開いている。

 全員で田中さんが考案した簡単なリズム体操をした後、じゃんけんゲームなどで体を動かし交流した。はじめは表情が硬かった子どもたちも、だんだんと緊張がほぐれ笑顔が見られるようになった。思い切り体を動かしていた小学3年生の男子は「はじめは緊張していたけど楽しかった」と様子を見守る親たちを安心させた。

 田中さんは「スポーツは初めて会う人同士でもすぐに仲良くなれる」と魅力を語り、「国体はみんなで盛り上がれる。選手だけでなく愛媛の人全体でより良いものをつくっていってほしい。応援にも来たい」と「えひめ国体」に期待を寄せていた。

 

【愛媛大附属高取材班】 

 芸人さんや、大人・子どもたちがどれだけ楽しそうにスポーツをしているかを写真で表現するのが難しかった。角度やタイミングに気を付けて生き生きした写真を撮れるように心がけた。(く)

 ……………………………

 タイトルカットは松山南高砥部分校デザイン科制作。高校生記者の活動はホームページ愛媛新聞ONLINEで随時更新。

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。