ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1219日()

ログイン
Myページ
MENU

松山・子規記念博物館

サイバー攻撃の企業対処策学ぶ、23、24日

2017年2月17日(金)(愛媛新聞)

 県内企業にサイバー攻撃の危険性や基礎的な対処策を知ってもらおうと「SEC道後・サイバーセキュリティセミナー」が23、24日、松山市道後公園の子規記念博物館で開かれる。不正アクセスや不正送金事案などに対応する県警捜査員や企業担当者が講演する。

 同時開催の「サイバーセキュリティシンポジウム道後2017」の一環で、県内の中小企業の危機管理意識向上が目的。シンポジウムの実行委員会が主催する。

 23日は警察庁情報技術犯罪対策課や独立行政法人情報処理推進機構の担当者が、サイバー攻撃に関する全国的な事例や傾向などを説明。24日には企業として必要な知識や基礎的な対策などの講演があるほか、県警サイバー犯罪対策室の担当官が、県内の現状などをデモンストレーションや実例紹介を交えて解説する。

 定員50人で無料。企業向けだが、一般の希望者も参加可能。氏名(ふりがな)、所属(会社名など)、連絡先(電話番号、メールアドレス)、参加日を記入し、実行委のメールsecsem@sec-dogo.jpか、ホームページ(http://www.sec-dogo.jp)から申し込む。問い合わせは県警サイバー犯罪対策室=電話089(934)0110(内線3495)。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の主要ニュース

トップ10ニュース

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。