ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

走る喜び共に

愛媛マラソン1万201人挑戦 川内選手52年ぶり大会新

2017年2月12日(日)(愛媛新聞)

12キロ付近で川内優輝(埼玉県庁、左)と鈴木洋平(早大)が先頭で競り合う=松山市磯河内

12キロ付近で川内優輝(埼玉県庁、左)と鈴木洋平(早大)が先頭で競り合う=松山市磯河内

 第55回愛媛マラソン(愛媛陸上競技協会、南海放送、愛媛新聞社、松山市主催)は12日午前10時、松山市の県庁前を出発、旧北条市を折り返し、松山市堀之内の城山公園にフィニッシュする42.195キロのコース(制限時間6時間)で行われた。1万201人(男子8195人、女子2006人)が出走し、春の伊予路を駆け抜けた。

 男子は川内優輝(埼玉県庁)が2時間9分54秒の大会新記録で初優勝。宍戸英顕(群馬陸協)が1965年にマークした2時間16分49秒の大会記録を52年ぶりに塗り替えた。女子は折野加奈(三井住友海上)が2時間42分36秒で初優勝した。男子2位の鈴木洋平(早稲田大、新居浜西高出)も2時間14分56秒で大会記録を更新した。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。