ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛顔につなげ長野国体 愛媛勢スキー有力選手

<3>クロスカントリー 田中北人(25)県競技力向上対策本部

2017年2月12日(日)(愛媛新聞)

個人とリレーの両方で入賞を目指す田中北人(提供写真)

個人とリレーの両方で入賞を目指す田中北人(提供写真)

田中北人選手

田中北人選手

個人とリレーの両方で入賞を目指す田中北人(提供写真)

個人とリレーの両方で入賞を目指す田中北人(提供写真)

田中北人選手

田中北人選手

【雪国育ち 光る我慢強さ】

 「強みは苦しいところでの我慢強さ」。パワーと持久力を兼ね備えた雪国育ちの25歳が個人、リレーの両方で入賞を目指し、チーム愛媛を引っ張る。

 新潟県出身。生活の中に雪が当たり前にあり、「(スキーを)いつ始めたかは覚えていない」。本格的に競技として取り組んだのは小学4年の時に地元のクロスカントリーのクラブチームに入ってからだ。「下りを滑る勢い、上り終えた時の景色の気持ちよさに取りつかれた」と練習に精を出してきた。

 中学3年の時に全国中学校大会で5位に入るなど実力を発揮。2014年の東京農大4年時には全日本学生選手権で3位に。「競り合い、負けるたびに、ステップアップする方法を考えてきた」と競技に真剣に向き合って力をつけてきた。

 大学卒業後は陸上自衛隊の冬季戦技教育隊に所属し、クロスカントリーとライフル射撃を組み合わせたバイアスロンに打ち込んだ。ユニバーシアードに2大会連続で出るなど力は国内トップクラスだったが、16年に県からの誘いで県競技力向上対策本部に移ったことを機に、クロスカントリーに専念している。

 「他県には雪無し県だとなめられたくない。戦えるところを証明したい」。今回の国体で結果を出し、愛媛での競技普及に弾みをつけたいと考えている。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。