ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
822日()

ログイン
Myページ
MENU

冬季国体Sスケート成年女子 

郷(愛媛)1000も連覇、500と2冠

2017年2月1日(水)(愛媛新聞)

【スピードスケート成年女子1000メートル決勝】ゴール後、互いの結果に笑顔を見せる郷亜里砂(右)と川村聖亜=長野市エムウエーブ

【スピードスケート成年女子1000メートル決勝】ゴール後、互いの結果に笑顔を見せる郷亜里砂(右)と川村聖亜=長野市エムウエーブ

 第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」スケート競技最終日は31日、長野市のエムウエーブなどで各種目を行い、スピードスケート成年女子1000メートルで郷亜里砂(県競技力向上対策本部)が1分16秒74の大会新記録で優勝した。郷は2連覇で29日の500メートルとの2年連続2冠を達成した。川村聖亜(同)も3位に入った。

 8人で競った決勝。郷はスタートで2番手につけると、500メートル付近からスッと前に抜け出し、力強い滑りで引き離した。レース後「1位をとれて安心した」と笑顔で話していた。

 北海道出身。2014年から活動拠点を愛媛に移した。日本代表としてワールドカップに出場し、16年度の日本ランキング(1月29日現在)では500メートル、1000メートルともに4位につけている。

 

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。