ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
628日()

ログイン
Myページ
MENU

冬季国体

Sトラック少年男子、1000敗退

2017年1月31日(火)(愛媛新聞)

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】粘り及ばず準々決勝進出を逃した土屋源輝=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】粘り及ばず準々決勝進出を逃した土屋源輝=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】フォームを改良して臨んだが転倒し準々決勝進出を逃した伊藤涼太=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】フォームを改良して臨んだが転倒し準々決勝進出を逃した伊藤涼太=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】粘り及ばず準々決勝進出を逃した土屋源輝=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】粘り及ばず準々決勝進出を逃した土屋源輝=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】フォームを改良して臨んだが転倒し準々決勝進出を逃した伊藤涼太=長野市ビッグハット

【ショートトラック少年男子1000メートル予選】フォームを改良して臨んだが転倒し準々決勝進出を逃した伊藤涼太=長野市ビッグハット

 長野盆地のリンクで伊藤涼太、土屋源輝に立ちはだかった準々決勝進出への「山」は険しかった。

 1000メートルは1周111・12メートルのトラックを9周する。他の選手との駆け引きなどが重要になる。

 「自分が考えていたより早い展開になった」と伊藤。フォームを改良して挑み、スタートで前に出る作戦だった。「調子は良かった」が、中盤までには最後尾で挽回する機会を狙うことに。8周目で前の選手を抜いた直後、コーナーで転倒し、持ち直すことができなかった。「昨年準々決勝に進出していただけに悔しい。緊張もあり、焦りが出てしまった」

 県勢最年少の土屋は開始から5人中4番手で滑り「予選を通過したかったが、追い抜くタイミングがつかめなかった」と振り返った。

 2人は「まだまだ練習が足りない」と氷上に課題を残しつつ、31日の500メートル予選に向け気持ちを切り替えた。

 

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。