ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

冬季国体

郷3冠狙う、1000川村・3000池田 決勝進出

2017年1月30日(月)(愛媛新聞)

【成年女子500㍍A決勝】大会新記録の38秒37で2連覇を果たした郷亜里砂=長野市エムウエーブ

【成年女子500㍍A決勝】大会新記録の38秒37で2連覇を果たした郷亜里砂=長野市エムウエーブ

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第3日は29日、長野市エムウエーブなどで行われ、愛媛勢はスピードスケート成年女子500メートルの郷亜里砂(県競技力向上対策本部)が2連覇を達成した。郷は1000メートルも川村聖亜(同)とともに決勝進出を決めた。同3000メートルの池田千奈美(同)も予選を突破し、決勝に進んだ。

  ◇…愛媛勢の成績…◇

 ▽成年女子500メートル決勝 ①郷亜里砂(県競技力向上対策本部)38秒37=大会新

 ▽同1000メートル予選

 「1組」①郷亜里砂(県競技力向上対策本部)1分17秒89=大会新、決勝進出

 「3組」①川村聖亜(県競技力向上対策本部)1分29秒55=決勝進出

 ▽同3000メートル予選

 「2組」⑤池田千奈美(県競技力向上対策本部)4分18秒27=決勝進出

 

【大会新 筋力アップ奏功 郷 好調続く】

別格の滑りで郷亜里砂が成年女子500メートルを制した。ワールドカップ(W杯)を欠場して臨んだ国体。38秒37の大会新記録での優勝に「負けられなかったので安心した」と応援席に笑顔で手を振った。

 スタートの合図と同時に力強いダッシュで前に出ると、大きな滑りでぐんぐん加速。最終コーナーでまた一段とギアを上げて引き離すと「後ろの気配は感じなかった」。最後は余力を残してゴールし、控えめなガッツポーズで喜びを表した。

 今季はW杯で過去最高の4位に入るなど、上り調子の郷。筋力をつけて3キロ増量し、パワーアップしたことで「100メートルまでの加速やスタートがよくなり、結果につながっている」と好調の要因を明かした。出場を目指す平昌冬季五輪も来年に迫り「今季中に37秒台を出したい」と向上心をのぞかせた。

 郷は今大会3種目にエントリーし、3冠を狙う。この日行われた1000メートル予選でも決勝進出を決め「優勝を目指す。リレーも4人で力を合わせ、決勝に残りたい」と意気込んでいた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。