ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

内子町長選

稲本氏が3期連続で無投票当選

2017年1月18日(水)(愛媛新聞)

無投票で3選を果たし万歳する稲本隆寿さん(右から2人目)=17日午後5時40分ごろ、内子町内子

無投票で3選を果たし万歳する稲本隆寿さん(右から2人目)=17日午後5時40分ごろ、内子町内子

 任期満了に伴う愛媛県内子町長選挙が17日告示され、現職の稲本隆寿氏(65)=無所属、同町大瀬南=以外に立候補の届け出がなく、稲本氏が無投票で3選を果たした。

 2005年に旧内子、五十崎、小田の3町が合併してから4回目の町長選。稲本氏は、09年の初当選を含む過去2度の町長選も無投票で当選している。

 稲本氏は、内子町出身。1974年に旧内子町役場入り。旧内子町の教育長などを経て、新内子町で2005年から助役、07年から副町長を務めた。

 16年の9月定例町議会で、人口減少や地場産業の担い手確保などを積み残した町政課題として挙げ出馬を表明。公約として、地場産品の販路拡大や農家の担い手確保をはじめ、林業の6次産業化、商店街の無電柱化、町内滞在型の舞台・芸術の誘致などを掲げた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。